しじみ サプリ 効果

しじみサプリランキング

しじみには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含んでいます。特に、アミノ酸の一種オルニチンは、肝機能の保護や改善、アンモニア解毒作用を持つことで有名です。古くから「土用しじみ」といわれ、疲労回復や夏バテ防止にも良いとされます。また、コレステロール値を下げたり、貧血予防、美肌にも

 

とはいえ、毎日しじみを摂るのは好きな人でも難しいものです。手軽に続けるにはやはり「しじみサプリ」。当サイトは、素材や価格などからおすすめのしじみサプリをランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

オルニパワーの特徴

オルニパワーは、しじみ・牡蠣などの有用エキスを贅沢に配合したサプリメントになります。特筆すべきはしじみに含まれるオルニチンを1日あたり800mg、牡蠣に含まれる亜鉛を12mgと高含有しています。また、若々しさに不可欠なアスタキサンチンも含まれ、毎日の元気・活力・美しさに力を発揮します。製造はGMP取得工場の元徹底した品質管理のため安全性も安心できます。当サイトより30日分が980円の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価5
備考 オルニチン・亜鉛・アスタキサンチンなど

 

しじみ習慣の特徴

お手軽価格で続けやすいしじみサプリです。台湾花連産の黄金しじみ100%使用。朝採れた新鮮なしじみを、すぐに加工。煮出して煮詰めてソフトカプセルにしあげています。しじみの栄養をそのままなので、ビタミン、ミネラル、アミノ酸がたっぷり。1日目安2粒。飲み続けられる、朝がシャキッとするとの声が。10日間の無料サンプルあり。

価格 0円
評価 評価4.5
備考 しじみ原料100%

 

やわた しじみの力の特徴

肝臓エキスをプラスしたしじみサプリです。台湾花連産の黄金しじみを使用。1回目安1袋(5粒)に、黄金しじみ約30個分のしじみエキス粉末を配合。飲みやすい粒になっています。しじみのビタミン、ミネラル、アミノ酸がたっぷり。さらに、新鮮な豚レバーを酵素で分解した、肝臓エキス粉末を300r配合。朝から元気、疲れが残らないとの声が。1回分の個包装なので携帯に便利。初回限定キャンペーンなら半額。

価格 1080円
評価 評価4
備考 しじみエキス・肝臓エキスなど

 

しじみサプリの効果を詳しく

 

しじみのサプリメント、と聞くと何だか不思議な感じもするのですが、しじみに含まれるオルニチンにはすごい効果があり、そのためたくさんの商品が売られています。

 

しじみと言えば、二日酔い防止、というのが昔から言われていることなので、そういう目的のサプリメントとだけ思っている方も多いみたいなのですが、しじみの効果は、アルコールを飲む人にだけ有効なのではありません。実は、美容や疲労回復、その他にも、より多くの優れた効果を秘めているのです。

 

しじみには、非常にたくさんの栄養素が含まれています。ビタミンやミネラル、アミノ酸など、体に最低限必要で、かつ普段の食事の中で割と摂取することが難しい栄養素が豊富に入っているのです。ですから、普段から食べるようにするだけでも体調の改善が見られますので、飲むときだけ、しじみを思い浮かべていた人は、ぜひ普段から意識して摂取するように心がけてください。

 

アミノ酸が健康のために重要だと言われるようになったからこそ、そのアミノ酸の一種であるオルニチンにも注目が集まったのかもしれません。このアミノ酸は20数種類が存在していて、体内で合成されるものと体内で合成されないものとに大きくは分けられます。オルニチンは体内で合成されるアミノ酸の一種ですから、わざわざサプリメントまで使う必要もないのではないかと思うかもしれませんが、実は、合成はできるもののその量が十分でない場合が多いのです。

 

というのは、体は加齢と共にその働きがどんどん低下していくようになります。これは体内での機能も同様で、体内で合成されるオルニチンの量も加齢と共に減っていってしまいますし、そうなると肝機能が弱まって様々な健康被害の元になるのです。加齢に従って起こる内臓の様々なトラブルの影に、このオルニチンの不足があることも多く、そのため、積極的に食事やサプリなどで摂取した方がいいのです。

 

オルニチンの長所は、他のアミノ酸とは違い、消費されなかった分は備蓄されるようになっているため、たんぱく質にならないという点です。不要なたんぱく質は肥満などの原因になってしまいます。

 

ただ、オルニチンを含むしじみがどんなに体にいいといっても、大量に食べるのはよほどでなければ難しいですよね。ですから、そこでサプリメントの必要性があるのです。サプリメントなら、凝縮された成分だけを簡単に摂取することが可能ですから、もし健康や美容のためにしじみを食べるのなら、時々はサプリメントでオルニチンを補給するようにしてみるのが良いと思います。

 

しじみが肝機能回復に良いワケ

 

しじみは飲みすぎや二日酔いにいいという話を聞いたことがありませんか?それらにしじみが良いと言われているのは、しじみに含まれる成分の中に、肝臓を修復する効果があるからです。

 

CMなどでもオルニチンという成分について宣伝されるようになって、しじみの成分が注目されるようになりましたが、実はしじみはずっと昔から体によい食品とされてきたのです。たとえば、江戸時代にも黄疸や母乳の出が悪いなどの問題があったら、その改善食としてしじみが売れれていたそうです。また、縄文時代にしじみが食べられていたことは有名ですが、ただ食べられるからというより、長い歳月の中でしじみを食べることで健康が守られていたからより好んで食べられていたと考えられます。このように、しじみは、身体に良い食品として、はるか昔から親しまれてきたのです。

 

しじみの栄養成分の代表格はオルニチンですが、その他にも、しじみにはたくさんの重要な栄養素が豊富に含まれています。たとえば、カルシウム、鉄、ビタミン類なども、貝類の中では断トツと言ってもよいほどの含有量を秘めているのです。海のミルクと言われる牡蠣ですが、その牡蠣にも負けないほどの栄養が詰まっているし、手に入りやすい食材でもありますので、これを食べない手はありません。

 

また、オルニチンに代表されるように、しじみは多くのアミノ酸を含んでいます。オルニチンだけが肝機能に働きかけてくれるのではなく、しじみに含まれるタウリンもその機能があるため、タウリンも栄養ドリンクなどによく含まれています。

 

タウリンには、肝細胞の修復、解毒作用などを促進する作用がありますので、アルコールをよくたしなむ人だけではなくて、アンチエイジングを意識している人やダイエットを頑張っている人にもぜひ意識して摂取してほしい成分です。

 

ちなみに、しじみに含まれる糖質は、主にグリコーゲンからできています。このグリコーゲンも肝臓の疲労回復をスムーズにする物質として知られているのですが、エネルギーになるスピードが速いのが特徴です。肝臓が疲れていると、体の内外に不調が表れてきますから、しじみを食べることで肝臓の機能を回復し、健康な状態を保つようにしていきましょう。

 

しじみは二日酔い予防に◎

 

しじみと言えば二日酔いに効果的、肝臓に良い効果、というのは医学的な裏づけの無い昔からずっと言われてきたことでした。

 

実際、科学的にエビデンスをとってみても、しじみには肝機能を高める効果があることがはっきりと分かっています。私たちの先祖たちは、たくさんの歴史と経験から、体に良い食品をひとつひとつ選り分けていたのだと思うと頭が下がります。

 

さて、しじみが二日酔いや悪酔いに効果があると言われるのは、その成分に理由があります。しじみに含まれるオルニチンはアミノ酸の一種なのですが、このオルニチンは肝臓内でアンモニアを分解するために役立っています。

 

通常、お酒を飲んだら肝臓でアルコールを分解していって、最終的には炭酸ガスと水という形にして体外に排出するようになります。しかしながら、飲酒量が多くなってしまうと、分解しきれなかったアルコールがそのまま体内に残ってしまいます。

 

そうなると、アルコールを分解の途中で発生するアセトアルデヒドなどが原因となり、いわゆる二日酔いの症状が表に出るようになります。お酒を大量に飲むと、水がほしくなるという方も多いと思うのですが、それはアルコールの分解には水がたくさん必要だからです。しかし水分をたくさん摂り、たくさん排出するようになると、体のミネラルも同時に排出されてしまいますので、体調不良を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

人間の体は多くが水分でできていて、その割合は成人だと60%以上とも言われています。ですから、アルコールの摂りすぎでこの水分のバランスが崩れてしまった場合には、やはり全身の健康には影響が出るしかありません。

 

しじみは肝機能に効果がありますが、その成分はオルニチンだけではなく、亜鉛やタウリンもあります。肝機能だけではなく、しじみの持っている幅広い栄養素は体のいろんな面に作用し、疲労回復や美容維持、ダイエット効果などいろんな効果を発揮して私たちの健康と美容を守ってくれます。

 

ちなみに、オルニチンは、すぐに使用されなければ、必要なときまで体内に蓄えることができる特性があるため、溜めておくことでアルコール摂取時や疲労時に効果を適切に発揮することができるようになります。

 

そうした理由で二日酔いをはじめとする、いろんな状態に効果がありますので、しじみのお味噌汁やサプリメントなどで、しじみの成分を頻繁に補給するように心がけてみましょう。

 

しじみの疲労回復効果

 

しじみを使った料理といえば、やはり定番はしじみのお味噌汁ですよね。しじみはアミノ酸が豊富でアミノ酸といえば旨味のもととなる成分ですから、同じくアミノ酸がたっぷり含まれている昆布やかつおぶしなどと共に美味しいダシを出してくれます。

 

しかし、それだけではありません。この旨味成分であるアミノ酸には、疲労回復を助ける働きもありますし、特に肉体労働などで疲れた体には、このアミノ酸による疲労回復と、味噌の塩分によるミネラル補給が同時に成されるので疲労回復食としてしじみの味噌汁は非常に優秀なのです。

 

さて、そのしじみに含まれているアミノ酸の代表格といえば、オルニチンと呼ばれる成分。このオルニチンは遊離アミノ酸と呼ばれ、他のアミノ酸その働きが少々異なります。どういうことかと申しますと、他のアミノ酸はたんぱく質を合成するのですが、オルニチンはたんぱく質を直接は作らず、必要なときに働くことができるように、体の中に備蓄されるのです。

 

一言でアミノ酸と呼びますが、アミノ酸には実はたくさんの種類があって、相互に影響し合っています。オルニチンはアルコールの代謝をよくするアミノ酸であるアラニンをサポートする働きがあります。このアラニンがよく働いていると、肝臓の機能が活発になり、飲酒時のアルコール分解がスムーズに進むので二日酔いなどになりにくくなります。それに加えて、肝臓においてエネルギーの生産が促進されますので、疲労回復も順調に進むようになります。

 

昔から、お酒を飲んだら次の日にはしじみの味噌汁がいいと言ったりするのですが、単なる迷信ではなくて、ちゃんと科学的にも裏づけがあるのですね。疲労回復の効果も見込めますので、お酒を飲まない人も積極的にお召し上がりください。

 

上記の他にも、しじみは、肝臓の解毒を促進するタウリンやビタミンB12も豊富に含んでいます。ですから、貧血や虚弱体質が悩みという方にもおすすめの食品です。オルニチンは、冷凍すると倍以上に増えるといわれていますので、安く販売されている時に大量購入して冷凍しておいて、必要な時に調理をするようにできればもっとオルニチンによる恩恵を受けることができるそうです。今晩の味噌汁は、しじみに決まりですね!

 

しじみの栄養を摂るならサプリが良いワケ

 

しじみが体にいいと言いますし、肝臓を強くするから二日酔いによいとも聞きます。

 

しかし、あの小さなしじみをどのくらい食べたら効果があるんでしょうか。

 

しじみが肝機能を高めると言われているのは、しじみに含まれる成分であるオルニチンによる貢献が大きいです。

 

そのオルニチンの一日の摂取目安量は、400mg〜1,000mgが適量だと言われています。
対して、しじみ100gあたりに含まれているオルニチンは、10mg〜15mg。
ということは、一日あたりにしじみを4kg〜10kg食べればよいのですね。

 

・・・ってそんなの無理でしょ!

 

だからこそ、サプリメントも使って補給しましょうということなのですね。しじみのサプリメントには、しじみの成分を凝縮していますので、非常に栄養摂取の効率がよくなっています。多いものだと、何と一粒でしじみ300個分とのこと。単純にしじみ一個が10gなら、一粒で3kgのしじみを食べたことになります。これなら何とかなりそうですね。

 

ただし、しじみには過剰摂取による副作用もあるそうですので、気をつけなければなりません。しじみを長期間に渡って過剰摂取した場合、鉄過剰症や結石などが起こる可能性があると言われています。また、必要以上の鉄分は肝臓に蓄積され、肝機能の低下を招く恐れもあります。それがさらに糖尿病やガンを誘発する場合もありますので、あまり過剰に摂取することは望ましくありません。

 

ですから、大量に取ることばかりを考えず、適度なバランスになるように食事やサプリメントで調整しながら食べるのが良いのですね。オルニチンも、決してしじみからしか摂取できないのではありませんから、しじみだけに頼らず、他の食事も交えていくことが大切です。

 

それがうまくできるようにと、しじみサプリメントの成分量は、あまり大量に摂取できないようにバランスされているというわけなんです。ですから、メーカーが指定している飲み方や量には必ず従うようにしましょう。

 

オルニチンは他のアミノ酸とは異なった特徴があって、消費されなかった分がすぐにたんぱく質に変換されることがなく、必要になったときにオルニチンとして消費できるように、体内に蓄積される特質があります。

 

ですから、蓄積できる半面、過剰摂取が続くと害もありますので、適量を意識してサプリメントも併用しながら、しじみの有効成分を摂取してくように心がけましょう。

 

しじみの豊富な栄養成分たち

 

シジミは昔から日本人が食べていた食材であり、身体にいいといわれています。この理由について知っていますでしょうか。

 

そもそも現代人は食の欧米化による食生活の乱れ、そして飲酒や疲労蓄積、ストレスなどによって健康に問題を抱えている方が多くいらっしゃいますが、シジミというのはこういった健康に問題を抱えている方にいいといわれてきました。実際にシジミの栄養バランスは非常にいいものでありますが、実際にどういった栄養が含有されているのか紹介します。

 

栄養素についてまずビタミンB12が含有されていますが役割として中枢神経機維持、脂肪代謝に重要な役割があります。不足してしまうと悪性貧血や神経障害を引き起こす恐れがあり産前産後の女性にとって大切です。

 

次にアミノ酸も含有されており、しじみに含まれるアミノ酸のアミノ酸スコアは100となっており、非常に良質なものになります。

 

次にカルシウムが含有されていますが、実はこれは日本人が一番不足している成分といわれています。骨や歯の形成、さらに筋肉や神経の働きを整えるという役割があります。成長期に不足すると成長抑制や骨粗鬆症の原因にもなりますので、シジミで不足を改善できます。

 

また、鉄分やビタミンE、ビタミンB2、グリコーゲンなど非常に豊富な栄養素が含有されておりますので、出来れば毎日のように摂取してもらいたい食品になります。ただ、さすがにそれは難しいのでサプリメントなどを活用するのもいいでしょう。

 

更新履歴